• マスカガミ S30 720ml(化粧箱入)
  • マスカガミ S30 720ml(化粧箱入)
  • マスカガミ S30 720ml(化粧箱入)
  • マスカガミ S30 720ml(化粧箱入)
  • マスカガミ S30 720ml(化粧箱入)

マスカガミ S30 720ml(化粧箱入)

5,500(税込)

数量


なんと精米歩合30%!

毎年マスカガミが選りすぐった酒造好適米だけを使用。上品な香りとコクの奥深い味わい。
至高を表す「Supreme」、マスカガミの大人気アルファベットラインシリーズの最高峰・最高傑作の酒です。

鑑評会用の酒の精米歩合は35%のものがほとんど。
このS30はさらに磨いてなんと30%の仕上がりの新潟県の誇る最高酒米「越淡麗」を使用しています。
精米歩合30%だと、米の70%も削って酒造りに使用しているのですね、この上ない贅沢な酒です。

販売価格には化粧箱の代金も含まれています。



““マスカガミ””
酒蔵名
マスカガミ
酒蔵所在地
新潟県加茂市若宮町
保存方法
冷暗所(常温)
アルコール度数
16%
日本酒度
±0
酸度
1.4
使用米
越淡麗
精米歩合
30%

酒蔵物語「マスカガミ」

創業:1892年
所在地:新潟県加茂市

勝ち取った日本酒の正義
《普通酒の品質を上げる》

普通酒ほど品質を大事にする。米は100%新潟県産だが産地呼称には普通酒の基準がないので入っていない。
以前酒蔵は小売店に売ってもらうためにマージンという慣習があった。だから小売店は酒の良し悪しではなく儲かる酒を優先した。
蔵は必然的に原料などコストを下げ酒を造る。将来を不安に思った小売店から「いい酒を造ってほしい、いい酒を造ってくれば俺たちが売る」という声が…前代これに賭ける。
他の小売店さんから見放されることも十分あるわけで、現蔵元が大学生の時に父が訪ねて来て「お前には酒蔵を残してやれないかもしれない。」と覚悟の相談があった…

先代の父の決断はこの蔵の未来をつくっただけだはなく、新潟の日本酒の未来を創る事にもなったと思います。
儲けも大事ですが「いい酒を造りたい」その思いは、儲けよりも上にあったという事です。

ページトップ